カテゴリ:デブ盛りの旅( 7 )

2と5のつく日は煮込みハンバーグの日だそうですが、

一ヶ月のうち半分くらいは2と5がつきます。

2・5・3にして3も入れたら過半数。



さて、この秋からわたくし増量中の身でありまして、

ひさびさにデブ盛・・・ふくよか盛りをいただいてきました。

f0034729_23234064.jpg
直径がちょうど割り箸くらいのハンバーグ

ごはんも大盛り



大食いキャラを装ってたが実はそんなに食べれないボク。。


今回もギリギリの戦いでなんとか完食することができました。




これからは食欲の秋、食欲の冬、食欲の春と続きます。

だからおいしいもの、デカイものを求めてボクは彷徨う・・・青い弾丸
[PR]
「オリーブオイルとニンニクを弱火でゆっくり加熱していくときの香りがたまらなく好き」コミュを作ろうかと思っています。

そのくらい好きです。

今日のめしは自作自演。

高カロリーなので普段はあまり食べないオムライス。
やけ食いです。
f0034729_22301110.jpg
けっこうズッシリきたので計ってみました。
約660g(皿の重さは除いています)



「うまいですか?」

「困ったことに・・・」
[PR]
ひさびさのデブ盛り日記です。

本日のお昼にそばをいただきました。
某テレビ局のアナウンサーのブログから発見したとこです。

むじなそば大盛り650円
f0034729_2365471.jpg


一見地味ですが、推定3玉入ってます。
ホットだからこの器ですが、後から来たお客さんが冷たいのを頼んだら
皿から完全にはみ出てました。。。

お店の人に聞くと、「むじなそば」とはタヌキとキツネを一緒にしたやつだそうです。

"同じ穴のムジナ"
意味は「一見関係のないように見えるが、実は同類・仲間であることのたとえ」で、
多くは悪事を働く者に使われる言葉らしい。

"むじなそば"は、それの改心したバージョンですね。

おいしゅうございましたm(_ _)m

この"ムジナ"という言葉は、もとはアナグマの異称で、それと混同してタヌキをヌジナということもある、と。
なんやったら、キツネもテンもイタチをもムジナという地方もあるらしい。

そのなかで、そばを勝ち取ったのがキツネとタヌキだということです。

あっ、、、天ざるの"てん"が"テン"だとしたら、イタチだけ仲間ハズレ・・・か?


イタチそば、イタそば、タチそば、立ちそば、立ち食いそば!!!


・・・フォローしたいけど、かなりキビシイわ





デブ盛り情報求む
[PR]
「がんばれぇ~」・・・・って、言われた。。


昨日は完全に食いすぎました。

なんや
「食う男はモテる」らしい。

それも
「ガツガツと食う男はモテる」らしい。

厳密には
「ガツガツとカツを食う男はモテる」らしい。

ボクは油に弱いので、脂身がいやらしくないチキンカツも好きなのだが、
それじゃダメらしい。やっぱチキンはチキンだって。

端っこが「ほとんど脂じゃねぇか!」っていうぶ厚いやつを、ブーターのロースーを、ガツガツいわして食うのが男らしい、と。

こっちも必死なので、、、食うわな、そりゃ。

パンパンやで!

胃袋がパンッパンッパ~ンやで!


これで何か変わるかな?

むふっ♪



しかし誰が言ったんだろう?カツ食えばモテるって。。。。?
[PR]
デブ盛りinパコダテの続き。。。

水没していた温泉のすぐ近くにある入浴施設でひとっ風呂浴び、お腹も空いてきた。
とりあえずそばを食って軽く胃袋のアイドリング。
以前、カツ丼デブ盛りを食う前にアイドリングしすぎて結構キビシイ戦いを強いられたこともあったが・・・

再び函館市内へと車を走らせる。
ガイドマップに載っている観光地の前を通るも、すべてスルー

向かったのは、テレビなどでもちょくちょく取り上げられる有名なハンバーグァー屋さん。


 f0034729_13171720.jpg

 パン
 レタス1枚
 タマゴ
 トマト
 チーズ
 ハンバーグ
 コロッケ
 ハンバーグ
 パン
 皿


だいたいこんなカンジや。
注文したときの店員の「○○○○○バーガーですね・・・プッ。」の「・・・プッ」がちょっと気になったが。。

まぁまぁ、そこはオトナだから

とりあえず完食。

f0034729_13185712.jpg

Tシャツの
「DIET」の文字が映える。


ちなみにドリンクはダイエットコーラです。

まぁ、邪道っちゃあ邪道だけど。

飲み物はカレーかコーラと決まってるからね。。


デブ盛りを食いに行ってるくせに、細かいとこのカロリーには意外に気を使っているという。。。


このデブバーガー(仮名)はですね、函館にお出かけの際にぜにとも立ち寄って注文して欲しいです。
かなり恥ずかしい。
何をされるかは行ってからのお楽しみ。

カランカラ~ン♪






 
[PR]
さて、前回の続きです。

毎度おなじみ"風スタッフ"のヒカルくんとボクは、海を渡りデブ盛りの聖地へ。
午前4時のフェリーに乗り、日帰りの強行スケジュールだ。

着いたのはココ
f0034729_150851.jpg

・・・

そして足元は雪駄。

ビチョビチョやん





最初のミラクルは途中のタクシーでのこと。なんと運ちゃんがあの有名人と同姓同名だったのだ。
まぁ名前は言えないので、仮に"アタックチャンスさん"と呼ぼう。
毎回思うのだが、函館のシータクの運ちゃんはよく喋る。
そのアタックチャンスさんもやたらと「マズイから行ってはいけないラーメン屋」の情報をくれた。


それを完全無視して、目指すは「タワーせいろ(大もり×3)」完食!


しかし、前夜祭でベロンベロンに酔って地図を忘れてくるという醜態をさらしたおまつ。。。
作戦会議の結果、急遽レンタカーを借りて温泉を目指した。

パッソ♪



「道は繋がってるさ」というのはいまや昔の話で、ナビを使いこなせていないボクはここでもまた、行き止まりの道を選択するという醜態をさらした。

走ること函館市内から1時間半、なんとか到着しました。水曜どうでしょうの「闘痔の旅」でもおなじみ「水無海浜温泉」

f0034729_1514770.jpg

・・・水没










数十分前、桶を買いに行った頃の、あの高まったテンションの面影を微塵も感じさせない背中がそこにあった。


f0034729_15483.jpg
ヒカルくんはこの後、波をくらってひざ下まで海水に浸っていた。
靴ビショ濡れ。

このときばかりは雪駄を履いてきて良かったと心から思いました。




グダグダのまま時間だけが過ぎていく旅。。。。。続く
[PR]
ボクらが大盛りを探し続けてどれくらいになっただろうか。

先日、なんでも五所川原に"でっかいオムライス"を出すお店があるという情報を、クラフティーのケンスケから仕入れた。
彼はこれまで、そのオムライスに3度戦いを挑み、1勝2敗だという。

・・・やるしかねぇ!

これが噂のオムライス。

f0034729_2551694.jpg
確かにデカイ・・・が、負けるわけにはいかない。

ケンスケに宣言したからだ。




「オレがオムライスを完食したら、オマエのチャンピオンベルトはいただく!」・・・と。

黄金に輝く卵のリングに、「ケンスケこのやろ」の文字。


勝負の行方は・・・


f0034729_2491449.jpg


オレらの勝ちや!


3人とも完食したから3勝分な。




そして更なるデブ盛りを求めて、男たちは海を渡ったのである。。。。
[PR]